シンガポール水泳代表選手団による事前キャンプ(2014年9月)

2017-02-01
2014年9月10日から16日までの間、大和郡山市のまほろば健康パーク スイムピア奈良において、第17回アジア競技大会(2014仁川(韓国))の水泳競技に向けたシンガポール水泳代表団の事前キャンプを受け入れました。

事前キャンプは、選手15名、コーチ・スタッフ5名で行われました。

キャンプ期間中の9月12日には、アジア大会での活躍を祈念して、練習終了後に激励会の開催、記念品の授与を行いました。

奈良でキャンプを実施した選手が、本大会で銀メダル、銅メダルを獲得するなど活躍されました。

2016年6月、この実績をもとに大和郡山市と奈良県はシンガポールを相手国として2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会における「ホストタウン」に登録されました。

▲練習風景

 

▲記念撮影



■練習施設:スイムピア奈良
■宿泊施設:ホテル日航奈良